トップページへ
SITE MAP
FEATURE

能楽トリビアTrivia

Question104 豊臣秀吉が舞った新作能とは?(2011年9月2日追加)

イラスト

豊臣秀吉が能を愛好したことは有名です。彼が能に没頭したのは、その晩年の10年に満たないわずかな期間だったと言います。その間、彼は自分の業績を新作能として作らせました。それが、「豊公能」と呼ばれる作品群です。

「豊公能」は、秀吉58歳のころに作られたと言われています。当初は十番能だったと見られていますが、謡本で伝わっているものでは、「吉野詣」「高野参詣」「明智討」「柴田」「北條」の五番が有名です(近年、「この花」という曲が発見されました)。「吉野詣」は、吉野に参詣した秀吉に蔵王権現が現れ、秀吉の治世を寿ぐ、というもの。「高野参詣」は、母大政所の三回忌に高野に詣でた秀吉に、大政所の亡霊が現れて秀吉の孝行を称えるというもの。「明智討」「柴田」「北條」は、秀吉の戦功を称えたものです。

秀吉は、これらを宮中に献上し、また、ほぼすべてを自ら舞ったようです。能を愛好した権力者は、足利義満、徳川綱吉ほか、数多くいます。しかし自身の生涯を能に仕立て、あまつさえ舞った人はほかに見当たりません。豊臣秀吉の能への耽溺ぶりがうかがえます。


イラスト:坂木浩子
今までのトリビア

「能楽トリビア」は作成にあたってこちらの文献を参考にしています。


免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.