トップページへ
SITE MAP
FEATURE

能楽トリビアTrivia

Question90 能舞台は平らなの?(2010年12月7日追加)

イラスト

床と柱、壁と屋根、そして橋。能の舞台は、ひとつのまとまった建築物の要素で構成されているため、観客は無意識に平らな舞台と感じます。ところが、実は微妙な傾斜がかかっています。

本舞台は、観客側に向かって、わずかながら前下がりに傾斜しています。そのため、正面から観た場合、演者のつま先の足運びまでよく見えるなどの効果をもたらします。この傾斜の仕組みは「撥転ばし(撥転がし)」と呼ばれ、太鼓の撥を奥から転がして、前の端まで同じ速さで転ぶような勾配にします。

また橋掛かりは、舞台に向かってわずかに上向きに傾斜してつながっています。演者は、揚げ幕から舞台に向けて歩くとき、つま先にわずかな抵抗感を感じてしっかり進み、逆に退出するときは、すらすら進むことができ、入退出の雰囲気づくりにも効果を現します。橋掛かりのこの傾斜のつけ方は、近世になってからの能舞台の特徴で、昔は逆に幕から舞台面へ下向きの勾配がつけられていたそうです。


イラスト:坂木浩子
今までのトリビア

「能楽トリビア」は作成にあたってこちらの文献を参考にしています。


免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.