トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  船弁慶:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

平家討伐に功をあげた源義経は、兄・頼朝と仲違いする。武蔵坊弁慶らと都より西国へ逃れる道すがら、摂津国・大物(だいもつ)の浦へ着き、旅装を解いた。
宝生閑、川村智勇他
義経の側を離れず、付き従ってきた愛妾、静御前の宿所を、弁慶が訪れる。義経に静との別離を進言し、義経も受け入れたと伝えるために。
観世栄夫
弁慶の言葉に驚いた静は、義経のもとに参じて、間近にその心を聞いた。義経は、行く末の旅の厳しさを案じ、都で時を待て、と諭すように告げた。
中森健之助、貫太
烏帽子、直垂を付けた男装の静は、離れがたい心のざわめきを押さえながら、義経の前途に幸あれと、願いを込めて舞を舞う。
高橋章
別れの悲しみに、こらえきれない思いはあふれ、静は泣きながら烏帽子、直垂を脱ぎ捨て、むせぶ涙に呆然と座り込む。
友枝昭世
津村礼次郎
友枝昭世
静との別れの余韻も醒めないうちに、弁慶は出立を促す。一同は船で大物(だいもつ)の浦を後にして、夕べの海に漕ぎ出した。
山本東次郎、野口淳弘、横路朝陽
突然、風が変わり、船は騒ぐ高波に翻弄されはじめた。
喜多節世
海上を見れば、そこには西海に沈んだ平家一門の亡霊たち。
喜多六平太
波間を蹴って、ひときわ近くに現れたのは平知盛。
津村礼次郎
知盛の亡霊は、義経を波間に沈めようと、長刀を巧みに操り斬りかかり、義経も太刀で応える。それを制し、割って入った弁慶は、数珠をもみ、祈りの言葉で立ち向かう。
関根知孝、村瀬純、高梨万里
仏法守護の明王の索に縛られ、知盛は次第に遠ざかる。
波吉雅之(旭川神社)
船に近寄るたびに払いのけると、やがて引く潮に揺られて波間に沈み、跡には白波ばかりが残った。
中森晶三(あさば)
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.