トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  船弁慶:詳細データ あらすじ・みどころ詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


分類 四番目物・雑能、働物(はたらきもの)、切能
作者 観世小次郎信光
題材・典拠 「義経記」巻四「義経都落ちの事」「住吉大物二ケ所合戦の事」が発想の契機だが、それにとらわれない自由な脚色であり、直接の典拠とはいえない
季節 秋、冬(11月)
場面 前場 摂津の国、大物の浦の船宿
後場 大物の浦の海上
作り物 脇座前に舟
登場人物 前シテ 静御前
後シテ 平知盛の亡霊
子方 源義経
ワキ 武蔵坊弁慶
ワキツレ 義経の従者
アイ 船頭
前シテ 若女、深井、増、小面 孫次郎など
後シテ 三日月、怪士(あやかし)、真角(しんかく) 
装束 前シテ 蔓(かつら)、蔓帯(かつらおび)、唐織(からおり)着流し、着付・摺箔(すりはく)、扇。物着(ものぎ)で静烏帽子(しずかえぼし)
後シテ 白鉢巻、黒頭(くろがしら)、鍬形(くわがた)、袷法被(あわせはっぴ)、着付・厚板(あついた)唐織、半切(はんぎれ)、腰帯、太刀、長刀(なぎなた)をもつ。
子方 金風折烏帽子(きんかざおりえぼし)、長絹、着付・縫箔(ぬいはく)、白大口(しろおおくち)、腰帯、扇、後に太刀をはき、梨子打烏帽子(なしうちえぼし)、白鉢巻、側次(そばつぎ)、着付・厚板にする
ワキ 兜巾(ときん)、篠懸(すずかけ)、縞水衣(しまみずごろも)、着付・厚板、白大口、腰帯、小刀(ちいさがたな)、扇、数珠
ワキツレ 梨打烏帽子、白鉢巻、側次、着付・厚板、白大口、腰帯、小刀、扇
場数 二場
上演時間 約1時間30分

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.