Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:橋弁慶:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  橋弁慶はしべんけい あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


「橋弁慶」
国立能楽堂提供:「能狂言画帖」能 橋弁慶

あらすじ
比叡山の僧、武蔵坊弁慶は、祈願のため五条の天神(または北野天神、あるいは十禅寺)に参詣をしようと思っていたところ、従者から、五条の橋に化け物のような人斬りが出るので、止めるよう進言されます。いったんは思いとどまった弁慶ですが、怖気づいたと思われてはならないと、怪しい人斬りを退治することを決意し、夜になるのを待ちます。

弁慶が五条の橋へ行くと、牛若丸(牛若)が女装して待ち構えていました。女だからとやり過ごそうとする弁慶に牛若が斬りかかります。弁慶は長刀を振るって応戦しますが、身軽な牛若丸に翻弄されます。ついに降参した弁慶が、どういう人かと問えば、牛若は身分を明かし、二人は主従の誓いを行い、一緒に九条の牛若丸の御所へ帰りました。

みどころ
日本では非常に多くの人から親しまれている伝説で、京都の五条の橋の上にて、牛若と弁慶が初めて逢った時のエピソードを脚色した能です。元の話では、千本の刀を集めるために夜な夜な五条の橋で刀を持った人を襲っていた弁慶が、あと一本に迫った夜、笛を吹く牛若に出会い、手玉に取られて降参し、家来になるというものですが、能では牛若が人斬りで、人智を超えた化け物じみた存在にされています。弁慶がシテになり、牛若は子方として出てきます。能としては珍しく、ワキが出てきません。

後半の弁慶と牛若の戦いの場面が最大の見せ場です。子方がシテと渡り合い、躍動する斬り組みは颯爽たる迫力があり、目を離せません。また、この曲は程よい長さで、難しい節扱いのない軽快な謡で構成されていますので、しばしば最初に習う謡にも選ばれます。

よく知られたエピソードで能も頻繁に演じられます。観る機会も多く、わかりやすい能ですので、能の初心者、初学者も楽しく鑑賞したり、謡を楽しんだりできるでしょう。


演目STORY PAPER:橋弁慶

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf橋弁慶:ストーリーPDF:560KB
橋弁慶PDF見本

the能ドットコムの「橋弁慶」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観(第4巻)』佐成謙太郎 著 明治書院
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.