Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:恋重荷:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  恋重荷こいのおもに あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


能楽図絵二百五十番「恋重荷」
国立能楽堂提供:能楽図絵二百五十番「恋重荷」

あらすじ
菊を愛好する白河院の庭で、菊の世話をする山科の荘司という者がいました。荘司は白河院の女御の姿を見て、恋心を抱きます。女御は荘司の懸想を知り、臣下を通じて荘司に、あることを行えば、思いに応え、姿を見せてあげようと伝えます。あることとは、美しく装飾され、いかにも軽そうに見える荷を持って、庭を百度、千度廻ることでした。荘司はわずかな望みができたと喜び、下働きで鍛えてきたからやりやすいと、精一杯の力を込めて持ち上げようとします。しかし、それは大変な重荷で、まったく持ち上がりません。何度も何度も頑張ってみますが、持ち上がることはありませんでした。力を使い果たし、絶望した荘司は、この仕打ちを恨み、女御に思い知らせてやると言いながら、死んでしまいます。

臣下から荘司の死を知らされた女御は、庭に出て、荘司の死体を見て、その死を悼みます。ところが、立ち上がろうとしても巌に押さえつけられるように、身動きできません。すると、そこへ荘司の亡霊が現れます。亡霊は、女御のひどい仕打ちに憤り、さんざん恨み言を語り、地獄で苦しんでいることを伝え、女御を責め立てます。

しかし最後に荘司の亡霊は、弔いをしてくれるなら、恨みを消し、女御の守り神となって、幸せを末長く守ろうと言い、去っていきました。

みどころ
美しい女性に恋をしてしまった老人の、悲哀と恨みを描いた作品で、よく似た曲に「綾鼓」があります。

女性は高貴な女御、老人は庭掃きの賎しい身分の男。恋に隔てはないといいながら、階級も違い、年齢の差もあったでしょう、そもそも女御は老人のことなど、何とも思っておらず、老人も望みのない恋だとわかっていたようです。ところが女御が、老人にあらぬ希望を持たせたことが、恐ろしい悲劇を生み出しました。わずかな希望にすがり、決して上げることのできない重い荷を持とうとする老人の哀れな姿。老人は女御の仕打ちに、恋心を無残に砕かれ、恨みの末に死に、怨霊となってしまいます。能では、老人の心の揺れが、緩急鋭い謡と、ごくわずかな所作とで見事に表現され、観る人の心のなかに、ぐんぐん入り込んできます。

また老人は恨みとおすことなく、最後は女御の守護神になると言います。恨み通すよりも、報われずとも、愛した人の側で支える道を選んだ老人の、けなげさも印象深いものがあります。


演目STORY PAPER:恋重荷

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf恋重荷:ストーリーPDF:604KB
恋重荷PDF見本

the能ドットコムの「恋重荷」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『新潮日本古典集成 謡曲集上』伊藤正義 校注 新潮社
『能楽手帖』権藤芳一 著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.