トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  恋重荷:詳細データ あらすじ・みどころ詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


流儀 観世流、金春流にあり
分類 四番目物、執心男物
作者 世阿弥
題材 不詳
季節 秋(旧暦9月)
場面 京都・白河院
作り物 重荷
登場人物 前シテ 老人
後シテ 山科荘司の亡霊
ツレ 女御
ワキ 白河院の臣下
アイ 下人
前シテ 阿古父尉(あこぶじょう)、笑尉など
後シテ 重荷悪尉(おもにあくじょう)、鼻瘤悪尉(はなこぶあくじょう)など
ツレ 小面
装束 前シテ 尉髪(じょうがみ)、水衣(みずごろも)、着付・小格子目引または無地熨斗目(むじのしめ)、腰帯、尉扇
後シテ 白頭(しろがしら)、白水衣(しろみずごろも)、着付・無紅厚板、腰帯、半切、法被、鹿背杖(かせづえ)
ツレ 鬘、紅入鬘帯、天冠、着付・摺箔、緋大口、赤地唐織壷折、腰帯、鬘扇
ワキ 風折烏帽子、水衣、着付・段厚板、白大口、単狩衣、腰帯、神扇
アイ 長上下(ながかみしも)
場数 二場
上演時間 約1時間

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.