Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:石橋:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  石橋しゃっきょう あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


能狂言画帖 石橋
国立能楽堂提供:『能狂言画帖』より「石橋」

あらすじ
中国・インドの仏跡を巡る旅を続ける寂昭法師[大江定基]は、中国の清涼山(しょうりょうぜん)[現在の中国山西省]にある石橋付近に着きます。そこにひとりの樵の少年が現れ、寂昭法師と言葉を交わし、橋の向こうは文殊菩薩の浄土であること、この橋は狭く長く、深い谷に掛かり、人の容易に渡れるものではないこと[仏道修行の困難を示唆]などを教えます。そして、ここで待てば奇瑞を見るだろうと告げ、姿を消します。

寂昭法師が待っていると、やがて、橋の向こうから文殊の使いである獅子が現われます。香り高く咲き誇る牡丹の花に戯れ、獅子舞を舞ったのち、もとの獅子の座、すなわち文殊菩薩の乗り物に戻ります。

みどころ
祝言の色合いを持った切能で、獅子舞という独特の舞が入ります。獅子舞は特殊な型、動きや表現力が要求される重い習い事であり、そのため石橋は披き物の能のひとつとなっています。流儀によって一部演出が異なり、前シテをツレとしたり、間狂言が入らなかったりする場合[宝生流]もあります。最近では、後半部分だけを上演する「半能」の形式で行われることが頻繁にあります。また多くの流儀で、2頭の獅子が連なって出る連獅子という演出もよく行われます。

この能のみどころは、何といっても稀に見る絢爛豪華な舞。見る人を明るくすがすがしい気持ちで満たすことでしょう。能を知らない人でもシンプルに楽しめるからか、かつては海外の賓客をもてなす演能でも舞われました。


演目STORY PAPER:石橋

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf石橋:ストーリーPDF:400KB
石橋PDF見本

the能ドットコムの「石橋」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『日本古典文学大系41 謡曲集 下』横道萬里雄・表章 校注 岩波書店
『能楽手帖』権藤芳一 著 駸々堂
『能への招待 II』藤城繼夫・文 亀田邦平・写真 わんや書店
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.