トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  花筐:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

越前国にて。大跡部(おおあとべ)皇子に寵愛された照日(てるひ)の前は、皇子からの手紙を読む。
松本恵雄
照日は、皇子が継体天皇に即位し、上洛したため、独り残されたのだ。
後藤得三
天皇愛用の花筐(はながたみ:花籠のこと)と手紙を使者から受け取り、照日は寂しく里へ帰った。
金春信高
天皇はある日、官人らを連れて紅葉見物に出かけた。
粟谷伶夫、工藤和哉 ほか
照日は、帝への恋慕が募って物狂いとなり、花籠を持たせた侍女とともに都へ向かう。
関根祥六、関根祥人
都に近づいた照日は、紅葉見物の天皇一行と行き逢う。
松本恵雄、小倉敏克、野口敦弘
照日は、漢の武帝と李夫人の悲恋を語りつつ舞い、帝と隔てられた辛さを訴える。
塩津哲生
帝は花籠を確認し、照日を都へ連れ帰ろうと決意する。照日は再会を喜び、感謝した。
塩津哲生、塩津圭介 ほか
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.