トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  :Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

藤の名所、越中国多祜の浦の岸辺で、旅僧は美しく咲く藤を見て、古歌を口ずさむ。
野口敦弘
古歌は藤を讃えるものではなかった。女が現れてそれを咎め、藤を賛美する歌を引いた。
金剛巌
昔を知る女を不審に思い、僧は「あなたは誰か」と問う。女は、藤の精と明かし、姿を消した。
金剛巌
夜半、湖のほとりでまどろむ僧の前に、藤の精が現れた。
金剛巌
垂れ下がる藤が湖水に映る美景の中、藤の精が舞う。
梅若万紀夫
ゆっくりと静かに、夢幻の時が過ぎてゆく。
観世喜正
袖を翻す舞姫の姿は、紫の香気を放つかのよう。
観世銕之丞(暁夫)
やがて来る夜明けの刻。朝日に照り映える霞の中に、藤の精は消えていった。
吉井順一
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.