トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  蝉丸:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

盲目の皇子、蝉丸(せみまる)は、輿に乗せられ、都のはずれ、逢坂山に連れてこられる。
桜間金記、野口敦弘、他
蝉丸は、父の天皇から捨てられたのだ。
粟谷新太郎
嘆く廷臣の清貫(きよつら)に、試練を経て良い後世を、と思う親の配慮だとなだめ、蝉丸は出家の身となった。
観世栄夫
華やかな宮廷生活から、わずかな身の回りの品と、琵琶(びわ)だけを持って慎ましい暮らしへ。
友枝昭世
蝉丸の姉、皇女の逆髪(さかがみ)は狂人となって、辺地をさ迷っていた。
野村四郎
心乱れるままに、秋色に染まる花の都を出て、東へ向かう。
金春欣三
水鏡に影を映せば、髪の逆立つ浅ましい姿。我ながら驚く。
香川靖嗣
やがて逢坂山に着いた逆髪は、琵琶の音を聴きつけ、みすぼらしい藁屋に弟の蝉丸がいると知る。
豊嶋敬三郎、豊嶋一喜
思いがけない再会を喜びつつも、互いの不遇な身の上を嘆き、慰めあう。
野村四郎、観世栄夫
けれど、いつまでもそうしてはいられない。尽きせぬ名残りの涙に暮れて、ふたりは別れていく。
豊嶋敬三郎
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.