トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  竹生島:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

時は平安朝。延喜帝の臣下が、弁才天を祀る竹生島詣でを志す。琵琶湖の岸辺で、釣り舟に乗った漁翁と若い女に出会う。
桜間辰之
臣下は竹生島への便船を頼む。ふたりは参詣の人と聞き、神の心に沿おうと受け入れる。臣下は船上の人となる。
宝生閑、横路朝陽、内田芳子
湖上より望む山の春は、さながら白雪の花盛り。時ならぬ寒風のなかを進み、やがて竹生島。湖水に映る緑樹に魚が戯れる。
坂真次郎
社に来る女を見て、女人禁制ではと訝る臣下に、女体の弁才天は男女隔てなく救うと語り、女は社へ老人は湖へ姿を消した。
中森貫太
竹生島神社の社人が出てきて、「岩飛び」の秘術を見せようと飛び上がるものの…。
野村萬斎、石田達雄、他
やがて社の御殿が鳴動し、日月が山の陰から上るように、光に満ちた天女の弁才天が現れた。
香川靖嗣
虚空に音楽が聴こえ、花が降るなか、天女の妙なる舞が始まる。
喜多六平太
月に輝く袂を翻して、夜遊の舞楽に興じる。
鈴木啓吾
時が過ぎ、月が湖上に澄み渡る頃、湖水より龍神が姿を見せた。金銀珠玉を臣下に捧げるという奇瑞を示した。
粟谷明生、森常好、他
龍神は祝福を全身で表す。天女の姿とは表裏一体で、衆生を救う。
粟谷明生、粟谷菊生、他
古代からの神域、竹生島は今も緑をたたえる。

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.