トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  八島:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

源平の古戦場、讃岐の国八島の浦を訪ねた旅僧の前に、
若い男を従えた老漁師が姿を現す。
西村高史 他
旅僧が一夜の宿を請うも、老漁師は拒む。
しかし都から来たことを知り、急に態度を変えた。
関根祥六、関根知孝
僧の求めに応じて、源平の合戦を朗々と語りはじめた老翁の描写は、微に入り、細を穿つ。不審に思った僧は、その名を問うた。
梅若猶彦
名乗らずに姿を消した老翁に替わり、八島の住人が現れた。色々の合戦の様子を語り、老翁は義経の化身だろうと告げる。
山本東次郎(那須与一語)
夜半に眠り込んだ僧の夢枕。立ったのは甲冑姿の源義経、修羅道に陥った亡霊。
中所宣夫
義経の亡霊は、在りし日の戦いで、弓を取り落として流し、敵前でからくも取り返した場面を振り返る。
梅若万佐晴
義経は、智者は惑わず、勇者は恐れず、名のために命を顧みない、と武人の心意気を示し、修羅の戦いへ向かった。
津村礼次郎
今日の修羅の敵は、誰か。
喜多六平太
あの宿敵、能登守教経。その手並みのほどはよく知っている。
桜間金記
夜の船戦(ふないくさ)、剣を抜けば、
中森貫太
月光に照り映え、白く輝く。
上田照也
一戦を交えた後、亡霊は明け方の光が波を照らす頃、鴎の声、浦風の音に紛れて消えて行った。
粟谷辰三
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.