トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  道成寺:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

禁じられた鐘供養の場に、入り込んだ白拍子(しらびょうし)ひとり。
坂真次郎、他
夕暮れの道成寺、烏帽子を被り、舞う姿。
荒木亮
入相の鐘の響きに、花は散る。女は拍子を踏みしめる。
足立礼子
一足ごとに春の夕べの日は落ちて、人々は眠りに落ちゆく。
津村礼次郎
女は、その隙をねらっていた。心を寄せた山伏を隠し通した憎い鐘、その恨み心を鮮明に思い出して、鐘のなかへ。
奥川恒治
姿を消した。
関根祥六
法力を尽くせ。鐘入りした女の執心を鎮め、もう一度鐘を揚げよう。僧たちは心と声を合わせて力強く祈りはじめた。
森常好、他
鐘が上がれば、蛇体の女。鐘ごと男を焼き消した恐ろしい執心の極み。
清水寛二、他
僧たちの必死の祈りに立ち向かう蛇体は手ごわく。
梅若六郎、他
この上なく猛々しい。
坂真次郎
坂真次郎
祈りの声が龍王を呼び、恐ろしい蛇体も次第に祈り伏せられていく。
佐渡能楽倶楽部
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.