Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:千手/千寿:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  千手/千寿せんじゅ あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


「百万」
国立能楽堂提供:「能装図」能 千手

あらすじ
平家の武将、平重衡は源平の戦いに臨み、連戦していましたが、一の谷の合戦で源氏方の捕虜となりました。重衡はそのまま鎌倉へ護送され、源頼朝の家臣である狩野介宗茂の館に預けられます。頼朝は、虜囚の身となった重衡をいたわしく思い、侍女の一人である千手の前という女性を派遣し、重衡を慰めていました。

その日も折からの雨のなか、千手の前が、琵琶や琴を携えて重衡を訪問しました。重衡は気乗りしない様子でしたが、宗茂の手引きもあって千手と対面します。かねてより重衡は、出家したいとの望みを持ち、千手を通じて頼朝にお伺いを立てていました。重衡が千手にそのことを尋ねると、千手は、朝敵とされた身の上ゆえに、自分の一存では決められず意に沿えない、という頼朝の言葉を重衡に伝えました。重衡は、これも父である平清盛の命を受けて、南都(奈良)の寺を焼打ちにした罪咎であろう、と悲嘆にくれました。

沈みがちな重衡のために宗茂が酒宴を催すと、千手は、重衡に酒を勧め、朗詠を吟じて、少しでも彼の心を引き立てようとします。さらに千手は舞を舞い、重衡も興に乗って琵琶を弾き、また千手も琴を弾き合わせ、夜は更けていきました。やがて、琴を枕に仮寝した短い夜も明けました。その朝、勅命により重衡は都へ送られることとなり、二人は互いに袖を濡らし別れを惜しみます。鎌倉を離れる重衡を、千手は涙ながらに見送るのでした。

みどころ
女性がシテとなる優美な三番目物の一つですが、この「千手」は他の三番目物とは異なる興趣があります。平家の雅な貴公子である平重衡と、優しい心を持った千手の前という女性の、束の間の情愛を描いていますが、そこに、虜囚の身で死を目前にする重衡の、抜き差しならない状況が深い影を落とします。

二人が言葉を交わしながら心を寄せ合う様子や、重衡の心を慰めようと千手の舞う優美な舞、そして二人が互いに行き違い、別れていく場面など、節目に印象的な情景が配されています。そこで描かれる、今生での別れを察した二人の心の機微は、観る者の心にくっきりとした陰影となって刻まれるのです。

その印象的な陰影を不思議にも際立たせるのは、静かに、あくまでも端正に移りゆく舞台の情景ですが、それは能ならではの演出の妙から生まれるものでしょう。

重衡は、この曲では非常に重要で、ツレでありながら、シテにも劣らないほどの、位と存在感を持っています。古い時代には「千手重衡」とも呼ばれていたことからも、ツレの重みがわかります。


演目STORY PAPER:千手/千寿

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf千手/千寿:ストーリーPDF:500KB
千手/千寿PDF見本

the能ドットコムの「千手/千寿」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観(第3巻)』佐成謙太郎 著 明治書院
『新潮日本古典集成 謡曲集 中』伊藤正義 校注 新潮社
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.