Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:枕慈童:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  枕慈童まくらじどう あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


「唐船」
国立能楽堂提供:「能装図」 能 枕慈童

観世流の演目「菊慈童」は、他流では「枕慈童(まくらじどう)」と呼ばれています。なお、観世流にある「枕慈童」は、また別の類似曲になります。

あらすじ
中国、魏の文帝の治世に、酈縣山(れっけんざん/てっけんざん)の麓から霊水が湧き出たため、その源流を探るべく、勅使一行が派遣されました。勅使は山中に一軒の庵を見つけます。周辺を散策して様子を窺っていると、庵から、一人の風変わりな少年が現れました。勅使が怪しみ名を尋ねると、少年は、自分は慈童という者で、周の穆王(ぼくおう)に仕えたと教えます。周の穆王と言えば、七百年もの昔の時代です。勅使がますます怪しんで、化け物だろうと問い詰めると、慈童は、皇帝より直筆の二句(四句)の偈(経典の言葉)が入った枕を賜ったと言い、それを証拠として見せました。勅使もその有難さに感銘を受け、二人でその言葉を唱え味わうのでした。慈童は、自分が二句(四句)の偈を菊の葉に写したところ、そこに結ぶ露が不老不死の霊水となり、それを飲み続けたから七百歳にもなったのだと語り、喜びの楽を舞います。慈童は、その露の滴りが谷に淵を作り、霊水が湧いていると述べ、勅使らとともに霊水を酒として酌み交わします。そして帝に長寿を捧げ、末永い繁栄を祈念して、慈童は山中の仙家に帰っていきました。

みどころ
この曲は、中国を舞台にした唐物の曲の一つで、慈童という不思議な人物が主人公です。慈童の伝説を『太平記』はこう伝えています。

“……慈童は古代中国、周の穆王に仕えた童子だった。ある時、皇帝の枕をまたぐ過ちを犯し、死刑は免れたが流罪に処され、酈縣山に捨てられた。穆王は慈童を憐れみ、密かに法華経の二句の偈を書いた枕を託し、毎朝、偈を唱えて礼拝するように教導した。慈童が忘れないように菊の葉に偈を写すと、葉の露が霊薬となり、飲んだ慈童は仙人となって八百余年も不老長寿を保った。慈童は魏の文帝の時代に彭祖(ほうそ)と名を改め、長寿の術を帝に伝え、菊の盃を受け継いだ帝は万年の長寿を祝った。これが今の重陽の宴である。……”

能では、魏の文帝の勅使が、人跡未踏の深い山中で少年姿の慈童に出会う、幻想的な情景の中で、物語が進行します。小品ではありますが、心の洗われるような、めでたく清涼な趣のある曲です。観る者は一時、憂き世を離れ、夢のような異郷世界に遊ぶ心地を得られるでしょう。

観世流では「菊慈童」と言います。同流儀には「枕慈童」もありますが、別の類似曲です。また金剛流には「彭祖」という類似曲があります。


演目STORY PAPER:枕慈童

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf枕慈童:ストーリーPDF:478KB
枕慈童PDF見本

the能ドットコムの「枕慈童」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観(第4巻)』佐成謙太郎 著 明治書院
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.