Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:箙:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  えびら あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


能舞之図「箙」
国立能楽堂提供:能舞之図「箙」

あらすじ
西国の僧が都行く途中、摂津の国、生田川のあたりに着きます。そこで咲き誇る梅に気づき、僧が眺めていたところ、一人の男が通りかかります。旅僧が男に、梅の名を尋ねると、男は「箙(えびら)の梅」と呼ばれていると答えます。なおも旅僧は箙の梅の名の由来を尋ねます。すると男は、昔、生田川周辺で源平の合戦があり、梶原源太景李(かじわらのげんだかげすえ)が梅花の枝を箙(えびら)[矢を入れて携帯する道具]に挿して奮戦した、それが由来だと教え、源平の合戦の様子をつぶさに語り始めます。やがて夕刻になり、僧が一夜の宿を請うと、男は景李の亡霊であると正体を明かし、花の木陰に宿をとるようにと言い、消えます。

夜半に僧が梅の木陰で休んでいると、箙に梅を挿した若武者が現れます。僧が誰かと問うと景李の霊だと答えます。景李の霊は、修羅道の戦いに駆られる様子を見せます。なおも一の谷の合戦で箙に梅の枝を挿し、先駆けの功名を得ようと、敵に向かい、秘術を尽くして戦う場面を見せるうちに夜が明けます。僧の夢の中、景李の霊は暇を告げ、供養を頼んで消えていきます。

みどころ
「八島」「田村」とともに、勝修羅物と呼ばれる能です。物語は源平が覇権を合い争った平安時代の末期のこと。主人公の梶原源太景李は源氏方の武将で、源頼朝に重用された梶原平三景時の嫡男です。多くの合戦で、若武者ながら父ともども奮戦し、武名を上げています。その一つ、一の谷の合戦で、生田川付近で戦った景李が、色の異なる花をつけた梅の枝を箙に挿したというエピソードが物語のもとになっています。

みずみずしい若武者と盛りの花をつけた梅の枝。その取り合わせは、血みどろの陰惨な戦闘の場であるからこそ、際立って美しく輝く美を感じさせます。昔の侍はただ、戦闘に没頭する武骨なだけの存在ではありません。和歌や管弦に秀でる者もあり、風雅な心を解し、美への感受性も高かったようです。もちろん粗野な者たちもいたでしょうが、武将の位にある者たちは、深い教養と独特の美学を持っていました。この能でも、そういった侍の美学が陰影深く描写されています。

また一方で、歴史に残る合戦の、勇猛で苛烈な戦闘シーンの描写もあり、全体的に生き生きとした躍動感を楽しめる曲です。


演目STORY PAPER:箙

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf箙:ストーリーPDF:652KB
箙PDF見本

the能ドットコムの「箙」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『能楽手帖』権藤芳一 著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.