Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:加茂/賀茂:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  加茂/賀茂かも あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


能之図 加茂
国立能楽堂提供:『能之図』より「加茂」

あらすじ
播磨国(今の兵庫県南西部)の室(むろ)の明神(みょうじん)に仕える神職の者が、ある夏、京都を訪れ、室の明神と御神体が同じと聞く加茂(賀茂)神社に参ります。神職はそこで、白羽の矢を立てた祭壇があるのに気づきました。折しも、里の女たちが水を汲みにやってきたので、神職はその祭壇について、謂れを尋ねます。

里の女たちは神職に、この白羽の矢は加茂神社、室の明神の御神体そのものだと教え、その謂れを細かく述べ伝えます。「昔、加茂の里に住む秦氏の女が、毎日川に出て、神に手向ける水を汲んでいた。ある時、一本の白羽の矢が水桶に止まったので、それを家の軒に挿したところ、男の子が産まれた。その子は、三歳になった時、父はこの矢である、と言った。すると、矢はすぐさま雷、すなわち別雷神(わけいかずちのかみ)となって天に上った」

さらに、その母も神となり、矢、母、子の三神が加茂の三社に祀ってあることを教えた後、女は、そのまま加茂川の清らかな水を汲みはじめます。神職は女が詳しく物語を知っているので、興味を抱き、名を尋ねます。女は名を告げるのは浅ましい、と名乗らず、ただ自らが神であることを明かして、消え失せます。

残された神職の前に、末社の神が現れ、あらためて神話を語り、舞を舞います。しばらくすると、いよいよ御祖神(みおやのかみ)が、天女のかたちをとって姿を見せ、美しい天女の舞を舞います。さらに、別雷神も勢いよく登場し、雷雨を呼び起こして神威を示します。やがて御祖神は糺(ただす)の森へと飛び去り、別雷神は虚空へ上がっていきました。

みどころ
京都の有名な加茂(賀茂)の社(やしろ)にまつわる神話を題材にした、脇能です。前半では女性のシテが登場して、気品のある雰囲気を醸し出しながら、神話を丁寧に語ります。そして後半は、天女に変じた御祖神がたおやかに舞い、威勢の良い別雷神が舞台を駆け、雷鳴を擬した拍子を踏み轟かせるなど、みどころは尽きません。

古くは「矢立賀茂」という名の曲で、作り物に矢を立てた台を置きます。

季節は夏。加茂川の清流の麗しさが際立つような、爽快な能です。京都の夏の酷暑も、この能を見ると、和らぐような気がします。


演目STORY PAPER:加茂/賀茂

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf加茂/賀茂:ストーリーPDF:505KB
加茂/賀茂PDF見本

the能ドットコムの「加茂/賀茂」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『日本古典文学全集33 謡曲集(一)』小山弘志・佐藤喜久雄・佐藤健一郎 校注・訳 小学館
『能楽手帖』権藤芳一 著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能への招待 I』藤城繼夫・文 亀田邦平・写真 わんや書店
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.