トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  加茂/賀茂:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

播磨国(兵庫県)から来た神官は、夏の加茂の社で、白羽の矢立を見つけ、水汲みの女に謂れを尋ねた。
香川靖嗣、井上雄人
女は矢が御神体であると明かし、加茂三社に伝わる神話を語った。「神の心を汲もう」と水を汲む。
渡辺容之助
神話に詳しい女に興味を持った神職が、身の上を尋ねると、女は神の化身であると告げ、消えてしまう。
大島輝久
加茂の社に仕える末社の神が、祀られている別雷神(わけいかずちのかみ)、御祖神(みおやのかみ)の物語を語る。
野村万蔵
やがて天女に変じた御祖神が現れ、神職に天女ノ舞を見せた。袖を水に浸し、涼やかに舞う。
岡久広
絢爛華麗な舞に続き、夏の大地を揺るがして、別雷神が颯爽と現れる。
坂真次郎
雷、風雨を自在に操る別雷神は、遠くで「ほろほろ」、近くで「とどろとどろ」と、雷鳴を轟かせた。
渡辺容之助
国土を守り、五穀豊穣の実りをもたらす神の威光を目の当たりにする。
松井彬
御祖神が糺(ただす)の森(下鴨神社内)へ飛び去った後、別雷神は天によじ登っていった。
木原康夫
京都、上賀茂神社には別雷神が祀られている。
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.