トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  杜若:詳細データ あらすじ・みどころ詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


流儀 五流にあり
分類 三番目物、鬘物(太鼓入り)
作者 不明(世阿弥または金春禅竹との説あり)
題材 「伊勢物語」
季節 夏(4月)
場面 初夏の杜若の華やかな頃、三河国八橋
登場人物 シテ 女(杜若の精)
ワキ 旅の僧
シテ 若女、深井、小面、増
装束 シテ 鬘、鬘帯、唐織(からおり)着流し、着付・摺箔(すりはく)、縫箔(ぬいはく)腰巻、腰帯、扇。
物着(ものぎ)で唐織を長絹(ちょうけん)に替え、初冠をかぶり追懸(おいかけ)を付ける。
飾太刀(かざりたち)を佩(は)くこともある。
ワキ 角帽子、水衣、着付・無地熨斗目(むじのしめ)、腰帯、扇、数珠
場数 一場
上演時間 約1時間10分

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.