トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  杜若:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

三河国八橋(やつはし)は杜若の名所。盛りの花紫を眺める旅僧に、里の女が、所にゆかりの和歌を語る。
上田昭也
僧に一夜の宿を貸した女は、装い新たに僧の前に現れた。冠を戴き、華やかに着飾って。
梅若六郎
和歌に「かきつばた」を詠み込んだ在原業平。彼と恋を語らった高子后。ふたりにゆかりの装いと語る。
桜間辰之
女は、杜若の精、と本体を明らかにした。業平こそ歌舞の菩薩よ、と讃えつつ舞う。
横山紳一
杜若の咲く沢に、冠と唐衣の姿を映し、業平の物語をしのぶよう。
谷村一太郎
菖蒲(あやめ)とも似通う、杜若の色紫の美しさ。
近藤乾之助
卯の花か雪のように白い袖がひるがえり、やがて白々と明けはじめる。
桜間右陣
夜明けに、杜若の花は悟りを開く。草木も国土も皆成仏する、仏法の有難い功徳を受けて。
郷郭太郎

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.