トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽メディア情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  難波:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

熊野詣でから都へ帰途についた臣下は、旧都の難波で老人と若者に出会う。
杉浦元三郎、武田尚浩
老人は、難波に咲く梅を、仁政を敷いた仁徳天皇に例えた歌の心を説く。
梅若万紀夫、ほか
老人は、その歌を詠んだ百済の王仁であると明かし、夜に舞楽演奏に来ると言い、消える。
喜多六平太
梅の精が現れ、舞楽の準備として、鞨鼓台を据え、笛を吹いた。
山本則俊
夜半、王仁とともに現れた木華咲耶姫が優美な舞を舞う。
梅若紀長
続いて王仁も、舞楽を奏し始めた。
梅若万紀夫
時に神のごとく颯爽と舞い、
杉浦元三郎
時に異相を現わして荘重に舞う。
金井章
春鶯囀ほか、数々の舞楽を奏して、治まる御代を寿いだ。
喜多六平太
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2021 CaliberCast, Ltd All right reserved.