トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  阿漕:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

秋のある日、伊勢国阿漕が浦にて。旅僧(旅人)は、老いた漁師と出会う。
粟谷菊生
老人は阿漕が浦の謂れを語る。漁師・阿漕が、密漁の咎で海に沈められ、その名が残った。
観世銕之丞
地獄で苦しむ阿漕を弔い給えと、僧(旅人)に頼む老人。さては、阿漕の亡霊か。
喜多実
夕闇迫る頃、老人は網を引く。俄かに疾風が吹き、その姿は波間に消えた。
香川靖嗣
夜半、阿漕を弔う僧(旅人)の眼前に、網を持って阿漕の亡霊が現れた。
観世銕之丞
密漁の様子を見せていた阿漕に、波が猛火に変わって襲いかかる。
粟谷菊生
阿漕が受ける地獄の責め苦は、身の毛もよだつ恐ろしさ。悪魚、毒蛇に迫られ…。
坂真太郎
氷に身を痛め、骨は砕かれ、焔に焼かれ、行き場もない、助けてくれ、旅人よ、
津村禮次郎
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.