トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  殺生石:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

秋の夕暮れ。下野国那須野の原を通りかかった僧、玄翁は、巨石の周りで鳥が落ちるのに目を止める。
茂山逸平、高井松男
「その石に近寄ってはいけませんよ」近くで見ようとする玄翁に、女が声をかけてくる。
喜多六平太
「その石は殺生石といって、近寄る人間も動物も殺してしまう」と女は、切り出した。
香川靖嗣
「昔、玉藻(たまも)の前という美しい宮廷女官がいた」「女官は狐の化け物で、正体を見破られ、この地で狩られた」
豊嶋三千春
「その魂が石に憑いて殺生石になった。その魂こそ、この私」女はそう明かすと、夕闇に消えていった。
喜多節世
玄翁が仏法を授けよう、成仏せよと祈ると、石が割れて野干(やかん)〔狐〕の精霊が現れた。
香川靖嗣
恐ろしげな野干の姿そのままで、
関根伸夫
玉藻の前その人のような、妖艶な女姿で現れることもある。
香川靖嗣
インド、中国、日本で悪事を行ってきたが、ついに那須野の原に追われ、射殺された。
津村礼次郎
殺生石となって人を殺したが、今仏法を授けられ、もう悪事をしないと固い石のような約束を結んだ。
高橋忍
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.