トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  俊寛/鬼界島:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

平家全盛期。謀反の罪で南の島に流された3人のうち、ふたりを赦して都に戻す赦免使が立てられた。
森茂好
流刑の地は、薩摩国の南方の絶海の孤島、鬼界島。高名な僧、俊寛(しゅんかん)も流されていた。
粟谷菊生
俊寛は、流人仲間の藤原成経(ふじわらのなりつね)、平康頼(たいらのやすより)に、「酒」と称して、谷川の水を注ぐ。
藤村健、鈴木啓吾、坂真太郎
華やかに過ごした都の暮らしを懐かしみ、舞いの手を上げても、心は沈む。
津村礼次郎
赦免使が着き、罪人たちは赦されて喜ぶ。だが、赦免状に記されたのは成経、康頼の名のみ。
関根祥六
我が身のみ、孤島に独り残される。悪夢よ、覚めよと書状を放る俊寛の、哀れな姿よ。
宝生英雄
船出の刻が来た。一緒に連れて行ってくれと、俊寛はなりふり構わず康頼の袂に縋(すが)る。
宝生閑、武田尚浩、関根祥六、他
同志は皆、舟上の人となり、頼みの綱と縋り付いた纜(ともづな)も切られてしまった。
関根祥六、他
渚にひれ伏し俊寛は、声を惜しまず泣きわめく。やがて舟影も人影も、波間に遠ざかっていく。
粟谷菊生、他
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.