トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  巻絹:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

紀州熊野の三社に全国から絹織物が献上されるが、都からの使者は納品に遅れ、縛られてしまう。
谷本健吾、安藤貴志
使者が遅れたのは、神に和歌を捧げたため。神の言葉を伝える巫女が執り成し、使者は自由の身に。
松本忠宏、金森秀祥、森茂好
巫女は、使者の和歌が神の苦しみを和らげたと告げ、和歌の徳を称えて舞う。
大村定
厳かに神に祈りを捧げる巫女。
内田安信
深い森の中、巫女の神聖な舞は続く。
観世栄夫
神がかりの舞を終えると、巫女から神は上がらせ給い、元の通りに。
富山礼子
物語の舞台となった森の中の聖域、熊野本宮。
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.