トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  班女:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

美濃国野上宿の女主人は、遊女の花子(はなご)が旅人の吉田少将に恋をして、仕事をしないと非難する。
善竹十郎
花子は、少将と取り替えた形見の扇を手に、虚ろな気色。ついに宿を追い出され、涙に濡れて放浪の旅へ。
豊嶋三千春
恋に狂う女となった花子は、都の下賀茂神社に至る。恋心を包み隠さず、ただただ逢いたいと神々に祈る。
坂真太郎
奇しくもそこには、都に戻った少将が参詣に訪れていた。花子はそれを、まだ知らない。
武田太加志
中国の皇帝の愛を失った「班女」とあだ名された花子は、扇を手に、逢えない辛さに身を震わせる。
狩野琇鵬
秋に捨てられる扇と同じ私。嵐は訪ねて来るが、あの人からの便りはない。班女は独り寂しく夜を過ごす。
高橋汎
描かれた月を隠し、懐にした扇を見つめて。「秋には必ず来る」あの人の言葉を信じていたのに。
武田太加志
形見の扇より、表と裏があるのは人の心。逢えないほどに、恋心はつのるばかり。
狩野琇鵬
少将は班女の扇に気を取られていた。あの扇を見たい。私の扇を見せたい。
坂真次郎
ふたりは再び扇を取り交わす。夕闇のなか、それぞれ想う人の扇が浮かぶ。明るい喜びが満ちてくる。
駒瀬直也、他

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.