トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  田村:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

春の花の頃。東国から来た僧の一行が都に入り、清水寺を訪れた。
そこに箒を持った少年が現れ、寺内の桜を讃える。彼は花守だろうか。
広田階一
少年は僧に、清水寺が坂上田村麿の尽力により創建された謂れを語る。
広田階一
やがて月の輝く頃となった。少年は、宵の花景色を賞でるかのように舞う。
金春信高、宝生閑
僧は少年に名を尋ねるが名乗らず、その姿は、やがて田村麿ゆかりの堂へ消えていく。
金春信高
法華経を読誦する僧の前に、現れたのは、武装した征夷大将軍、坂上田村麿。
広田階一
賊を討てとの宣旨を受けて軍勢を率い、馬で早駆けした、と語る。
梅若万三郎
往時の戦(いくさ)の勇ましい姿を現す。
大槻秀夫
鈴鹿山に立てこもる朝敵に迫った。
坂真次郎
敵が黒雲より鉄火を降らし、山のように押し寄せたその時…
西村高夫
千手観音が現れて智恵の矢を放った。その矢先は敵の上に雨霰と降り、滅ぼした。
金春信高

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.