トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  清経:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

平家の武将、平清経は西海の合戦に破れ、入水した。形見の遺髪に、妻は悲しみを募らせる。
佐久間二郎
清経の形見を見るに忍びない妻は、奉納する社に返してしまう。その夢枕に、清経の亡霊が現れた。
観世銕之亟
妻が、自ら死を選んだ清経を責めれば、清経は形見を返納した妻を恨む。互いの思いを吐露し合い、涙に袂を濡らす。
関根祥人、藤波重孝
清経は妻に、恨みを晴らせよと、ここに至るまでの模様を語る。都を追われた平家一門の哀れさに涙を禁じえない。
友枝昭世
敵に押し出され、船に乗り九州へ落ち、柳が浦にたどり着いた。白鷺の群れる松を見て、源氏の旗かと驚く有様である。
喜多節世
いつまでも憂き目を見るよりは死を。覚悟を決めた清経は、折からの月を眺め、船の舳先に立つ。
橋岡久馬
腰より横笛を抜き、澄みやかな音色を響かせて朗詠し、来し方行く末に思いを馳せる。
坂真太郎
狂人と思われてもよい、もはや思い残すことなどない。「南無阿弥陀仏弥陀如来」の一声を最期に、
友枝昭世
船から身を投げ、海底の藻屑となった。
浅井文義
死して後にも、修羅道で繰り返される西海、四海の合戦に翻弄される。救いは、死の間際に唱えた南無阿弥陀仏。
寺井良雄
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.