トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  紅葉狩:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

秋色彩る深山の奥。高貴な女性の一行が現れ、幕を廻し、屏風を立てて紅葉狩の酒宴を始める。
梅若恭行、梅若靖記、梅若晋也、山崎正道
時雨ごとに、色濃く染まる紅葉を愛でるその様は、夢のように妖しく美しい。
喜多節世、他
鹿狩りにきた勇将、平維茂(たいらのこれもち)は、静かに通り過ぎようとするが、美女に袖を引き止められて……。
野口敦弘、喜多節世
誘惑のまま、酒宴に遊ぶ。
喜多節世、森茂好
巌上の苔の莚(むしろ)にかかる紅葉が、高貴な女性の顔に照り映えて、その妖艶さを際立たせた。
梅若恭行
この世の者と思えない美しさに、維茂の胸は高鳴り、すっかり心を奪われてしまう。
観世銕之丞
あたりは暮れて月下の盃を交わす頃。女性の優雅な舞を、幻のように眺めるうち、維茂の瞼は重くなり、まどろみの中へ。
喜多節世、他
眠り込む維茂を見届けると、女たちは山の中へ姿を消してしまった。
後藤得三
八幡大菩薩に仕える武内の神が、維茂の夢に現れる。鬼神にたぶらかされた維茂に剣を授け、鬼退治の使命を伝える。
野村万之丞
目覚めた維茂の前に、鬼と化した女たちが現れる。岩に火焔を投げ、空から焔を降らしてきた。
片山九郎右衛門、他
夥しい煙の中から、ひときわ巨大な鬼神が姿を見せて、維茂に襲いかかる。
桜間金記
顔を向けることもできないほどの、恐ろしい姿。
粟谷菊生
維茂は、神剣を抜いて冷徹に戦い、あっという間に鬼神を斬り伏せた。その凄みは、鬼神よりも恐ろしい。
鏑木岑男、坂真次郎
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.