トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  井筒:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

在原業平と紀有常の娘の、夫婦が暮らした大和国石の上(いそのかみ)の地。旅僧の目に映じたのは、昔日の面影もない在原寺。
宝生閑
暁ごとに御仏に、捧げる水を携えて、女がひとり。たずねれば、奥ゆかしくも業平には縁のない者と語るのだが。
桜間金記
「風吹けば沖つ白波」の歌で、業平と有常の娘との情愛を物語り、幼い二人の恋物語を、「筒井筒、井筒にかけしまろが丈」の歌にて語る。
桜間金記
歌に込められた真心を、詳しく語る女こそ、「井筒の女」の名をいただく、紀有常の娘。その恋は今なお続くのか。
坂真次郎
薄の穂に紛れた井戸もうら寂しい、秋の夜の在原寺。僧の夢に業平の形見をまとった井筒の女が現われる。
清水寛二
昔を思い返しつつ、静かに舞う。
内田芳子
業平の直衣(のうし)、初冠(ういこうぶり)に、身も心もゆだねた姿は、在りし日の業平か。
高梨良一
業平の面影映る水鏡。
豊嶋訓三
こみ上げる懐かしさ。
坂真次郎
懐かしさを、こらえきれずに。
豊嶋訓三
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.