トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  葵上:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

物の怪に憑かれた葵上は、なすすべもない一枚の小袖の着物。照日(てるひ)の巫女は梓弓を鳴らし、霊を呼び出だす。
若松健史
夢かうつつか幽かな世界に梓の弓が鳴り響く。その音に引かれ、高貴な女性の生霊が姿を現した。
鵜沢雅
生霊は元の皇太子妃、六条御息所。光源氏との華やかな日々も夢の彼方へ去り、今はただ、若き葵上を恨むのみ。
中森貫太
一足ごとに増す、尽きせぬ恨みに突き動かされ、一足、また一足と生霊は歩を進める。
津村礼次郎
津村礼次郎
生霊の行く手には、葵上。嫉妬も極まり生霊は、若き後妻を打ち据える、後妻(うわなり)打ちで厳しく責め立てる。
高橋勇
その嫉妬はまさに炎。激しい嘆きのうちに、生霊はみずから姿を隠し、変化の時を待つ。その姿はいまだ高貴な面影を宿し、痛ましい。
喜多六平太
嫉妬の恨みは、美しい雅やかな女性も鬼に変える。
津村礼次郎
生霊は、怨霊と呼ぶにふさわしい恐ろしい般若となった。
津村礼次郎
法力に秀でた修験者、横川(よかわ)の小聖(こひじり)は、鬼女となった御息所の霊に対峙する。
津村礼次郎
秘法を尽くす刻がきた。
橋岡久馬
仏法の理は、声と言葉に乗って広がっていく。その恵みは怨霊の尽きせぬ恨みまでをも和らげる。
遠藤勝實、和泉昭太郎
粟谷辰三、宝生彰彦
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.