Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:弱法師:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  弱法師よろぼし/よろぼうし あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


「弱法師」
国立能楽堂提供:「能画巻物」能[弱法師]

あらすじ
河内国高安(現在の大阪府八尾市付近)に住む高安通俊(たかやすみちとし)は、他人の讒言を信じて、実子の俊徳丸(しゅんとくまる)を家から追い出しました。後悔した通俊は、俊徳丸の現世と来世の安楽を願い、春の天王寺(大阪・四天王寺)で七日間の施行(施しにより善根を積む行)を営みます。その最終日、弱法師(よろぼし/よろぼうし)と呼ばれる盲目の若い乞食が、施行の場に現れました。実はこの弱法師は俊徳丸その人でした。

弱法師が施行の列に加わると、梅の花びらが袖に散りかかります。花の香を愛でる弱法師を見て、通俊は花も施行の一つだと言いました。弱法師も同意し、仏法を称賛し天王寺の由来を語りました。通俊は、弱法師が我が子、俊徳丸であると気づきますが、人目をはばかり、夜に打ち明けようと考えます。通俊は弱法師に日想観(じっそうかん/じっそうがん:沈む夕日を心に留め、極楽浄土を想う瞑想法)を勧め、弱法師は、難波の絶景を思い浮かべますが、やがて狂乱し、あちこちにつまずき転び、盲目の悲しさに打ちのめされます。

夜更けに通俊は、弱法師すなわち俊徳丸に父であると明かします。俊徳丸は恥ずかしさのあまり逃げますが、通俊は追いついて手を取り、高安の里に連れ帰りました。

みどころ
シテの弱法師(俊徳丸)の奥深い人柄と豊かな心象風景が、この曲の大きな魅力です。俊徳丸は少年ですが、古い時代にツレで俊徳丸の妻が出る演出もあったことなどから、十代半ばから後半あたりで、ある程度の教養や経験も積んでいたと思われます。高安通俊は地元の有力者とみられます。俊徳丸は、名家の息子から盲目の乞食という当時の最下層の身分に落ちたのです。しかし彼は、清く優雅な心を失わず、自分の不幸を嘆きつつも、信仰に希望を寄せています。袖に散る梅の花びらの香に心を寄せる姿などから、そのことが読み取れます。その後、日想観に入った俊徳丸は、かつて見た難波江の美景をくっきりと思い浮かべ「満目青山(ばんぼくせいざん)は心にあり(すべての景色は、心の中にある)」という意味深い言葉を発します。ところが、心の景色に惹かれて狂態となり、あちこち転びつまずく現実の姿のみすぼらしさも、突き付けられるのです。

清らかで優しく、寂しく悲しい、心深き俊徳丸。その折々の心象に、思いを重ねてみてください。


演目STORY PAPER:弱法師

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf弱法師:ストーリーPDF:508KB
弱法師PDF見本

the能ドットコムの「弱法師」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観(第5巻)』佐成謙太郎 著 明治書院
『日本古典文学大系40 謡曲集 上』横道萬里雄・表章 校註 岩波書店
『日本古典文学全集34 謡曲集(二)』小山弘志・佐藤喜久雄・佐藤健一郎 校注・訳 小学館
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.