Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:望月:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  望月もちづき あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


「望月」
国立能楽堂提供:『観世座能狂言写生帖 第一巻』より「能 望月」

あらすじ
信濃国の安田庄司友治(友春)に仕えていた小沢刑部友房は、都にいる間に、主君の友治(友春)が亡くなったことを知ります。友治(友春)は、同国の(従弟の)望月秋長と口論になった結果、秋長から討ち取られてしまったのです。友房は、望月の息のかかった者が、自分の命を狙っているのを伝え聞き、宿場町である守山の宿に入り込み、甲屋(かぶとや)という宿の主人になり、日々を送っていました。

一方、安田庄司友治(友春)の妻と子の花若は、故郷を追われて放浪の身となっていました。ある日、二人は守山の宿にたどり着き、たまたま甲屋に泊まります。友房は、二人が今は亡き主人、友治(友春)の妻子であることに気づき、名乗りを上げて、二人と再会を喜び合います。

ちょうどその時、都での用事をすませた望月秋長の一行が、守山宿を訪れ、甲屋に泊まることになります。友房は、敵の望月が自分の宿に来たことを知って驚き、天の与えた機会と思い、友治(友春)の妻子に告げて、仇討ちの計画を練ります。友房は、友治(友春)の妻子を盲目の女芸人の一行に仕立て上げ、望月のいる座敷に上げ、自分は酒を持って宴を囲むと見せかけて、望月に近づきます。

友治(友春)の妻が謡い、花若が鞨鼓を舞い、友房が獅子を舞うなどして芸を尽し、酒を飲ませて望月の油断を誘います。友房は、酔いもまわって眠気がさした様子の望月を襲い、花若とともに斬り伏せて、仇討ちの本望を遂げます。

みどころ
「望月」は、「夜討曽我」「小袖曽我」などの曽我物、「放下僧」といった仇討ちをテーマにした曲の一つです。主人公は小沢刑部友房という人で、曲名の「望月」は、友房の主人を討ち果たした敵の人物の名前です。友房が営む甲屋という宿屋を舞台に、主人の妻子に再会した友房が協力して仇討ちを果たすというストーリーで、主従の絆を強調した教訓的な内容となっています。

一方で、この曲は芸尽し物でもあります。望月を油断させるために、主人の妻子は盲目の女芸人一行に扮して謡い舞う芸を見せ、また主人公の友房も、秘曲の「獅子」の舞を舞うなど、大変に芸達者なところを見せます。仇討ちに至るまでのハラハラドキドキするような場面展開と、それをうまく盛り上げる謡や舞の数々とがうまくかみ合って、その時々のアクションを見て楽しめる能です。夢幻能とはまったく違う、活劇的な面白さがあり、能の表現の幅の広さを感じられます。


演目STORY PAPER:望月

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf望月:ストーリーPDF:576KB
望月PDF見本

the能ドットコムの「望月」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観』佐成謙太郎 著 明治書院
『日本古典文学大系41 謡曲集 下』横道萬里雄・表章 校註 岩波書店
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.