トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  藤戸:詳細データ あらすじ・みどころ詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


流儀 五流にあり
分類 四番目物、執心男物
作者 不明
題材 『平家物語』巻十
季節 早春(旧暦3月)
場面 備前国児島
登場人物 前シテ 老婆(漁師の母)
後シテ 漁師の亡霊
ワキ 佐々木盛綱
ワキツレ 従者二、三名
アイ 盛綱の下人
前シテ 曲見、深井、痩女など
後シテ 痩男、河津など
装束 前シテ 鬘、鬘帯、色無唐織、着付・無地熨斗目(むじのしめ)
後シテ 黒頭(くろがしら)、水衣(みずごろも)、着付・無地熨斗目(むじのしめ)、腰帯、腰蓑(羽蓑)、杖、扇
ワキ 梨打烏帽子(なしうちえぼし)、白鉢巻、直垂上下(ひたたれかみしも)、着付・厚板、込大口、腰帯、小刀、扇
ワキツレ 素袍上下(すおうかみしも)、着付・無地熨斗目、小刀、扇。一人は別に太刀を持つ
アイ 長上下(ながかみしも)
場数 二場
上演時間 約1時間30分

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.