トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽メディア情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  草紙洗:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

四月半ば、清涼殿で歌合の催しが始まった。
栗田新太郎、森茂好、内田安信
紀貫之が小野小町の歌を詠みあげると、帝は絶賛する。
喜多節世、香川靖嗣 ほか
小町の相手、大伴黒主が、小町の歌は万葉集からの盗作だと言い、証拠の草子を見せる。
栗谷新太郎、森茂好
嫌疑をかけられ、嘆く小町だったが、草子の墨付きなどに不審な点を見つけ…。
松本忠宏 ほか
貫之を介して、帝に草子を洗いたいと申し出る。
観世元昭、高橋弘
草子を洗うと、黒主が小町の歌を盗み聞きして書いた歌が消えていく。
観世元昭
喜ぶ小町は帝に洗った草子をお見せし、黒主の悪だくみが露見した。
観世元昭 ほか
小町も帝も黒主を許し、和解のめでたい雰囲気のなか、小町は舞装束となる。
観世元昭 ほか
小町は春霞の立つ様子を現して舞を始め…。
松本忠宏 ほか
御代を寿ぎ、和歌の道を讃えて舞った。
観世元昭
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.