トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽メディア情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  鉢木:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

信濃国から鎌倉へ向かう旅僧(最明寺時頼)が、大雪の降る上野国を訪れ宿を借りる。
森常好
夜が更けて寒さが厳しくなり、常世は旅僧のために持っていた鉢の木を火にくべようとする。
喜多実 他
常世は大切にしていた梅、桜、松の三本の鉢の木への想いを語る。
大島久見
常世は旅僧のために鉢の木を火にくべて暖をとる。
津村禮次郎、森常好 他
常世は、鎌倉で大事があった時には一番に駆けつけるつもりであることを旅僧に伝える。
観世銕之丞
地侍たちが時頼の諸大名召集を聞きつけ話し合うが、召集に遅れてはならじと自分達も向かう(替の演出)。
茂山あきら、茂、正邦
常世は召集を聞きつけ、みすぼらしい格好でありながらも鎌倉に駆けつけた。
後藤得三
旅僧が時頼であったことを知った常世は、鎌倉にかけつけた忠誠心を時頼に称えられる。
津村禮次郎
時頼は常世に、宿や鉢の木のお礼に領地を与える書状を渡し、常世はその状を誇らしげに見せる。
桜間右陣
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2020 CaliberCast, Ltd All right reserved.