Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:龍田:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽メディア情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  龍田たつた あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


龍田
国立能楽堂提供:「能装図」能 龍田

あらすじ
冬、日本全国の寺社をめぐって経巻を納めてまわる旅僧が、奈良の寺社を訪れ、紅葉で有名な龍田川へとやってきます。川を渡って龍田明神に参ろうとすると、一人の女が現れ、古歌を引いて旅僧が川を渡らないように忠告します。女は自分が龍田明神の巫女であると言って、別の道から旅僧を龍田明神へと案内します。冬にもかかわらず紅葉した一本の木を不思議に思った旅僧が巫女に尋ねると、それが龍田のご神木であると語ります。龍田の宮めぐりをするうちに、巫女は自分が龍田姫の神霊であることを明かして、社壇の中へと入っていきます。

龍田明神を訪れた里人は明神と紅葉のいわれを旅僧に語り、出会った女が龍田姫の化身であったことを示唆し、旅僧に奇特を見るよう勧めます。旅僧が通夜をしていると、龍田姫が神殿から現れ、龍田明神の縁起について語ります。さらに龍田の美しさや神妙さを伝えている古歌について語り、川を渡らないようにと再度旅僧に告げます。龍田姫は、白い和幣にぎてを振って神楽を舞うと、夜明けとともに天へと舞い上がっていくのでした。

みどころ
本作の前場では『古今和歌集』や藤原家隆の和歌が引かれ、龍田明神のご神体でもある紅葉の美しさを讃えています。後場でも多くの古歌が引用されており、龍田の風景や紅葉の美しさを語る「クセ」はみどころ、聞きどころです。後シテが舞う華やかな神楽は、比較的位のしっかりした囃子で、古い形の神楽をとどめているといわれています。

一畳台の上に小宮を乗せた作り物も効果的に用いられます。シテは中入りの際、この作り物に入り、後場では龍田姫の麗しい姿となって宮の中から現れます。

女性が神となって舞う神楽物には「三輪」「葛城」などがありますが、これらの作品とは異なり、本作では人間的な苦悩は描かれず、昇華された優美さが感じられます。


演目STORY PAPER:龍田

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf龍田:ストーリーPDF:495KB
龍田PDF見本

the能ドットコムの「龍田」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観(第3巻)』佐成謙太郎 著 明治書院
『解註・謡曲全集(第4巻)』野上豊一郎 著 中央公論社
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2021 CaliberCast, Ltd All right reserved.