Amazon.co.jp ウィジェット 能・演目事典:鷺:あらすじ・みどころ
トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽メディア情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  さぎ あらすじ演目の詳細データユーザーの投稿レビューフォトストーリー
 


この演目の詳細データやフォトストーリーは右上のボタンをクリックしてください。観能のレビューも書き込めます。


鷺
国立能楽堂提供:「能装図」能 鷺

あらすじ
延喜帝(醍醐天皇)の御代のこと。ある夏、京都・神泉苑(皇室の庭園)で、帝は夕涼みの宴を催しました。池の洲崎には白い鷺が舞い遊び、曲水の宴の盃のように見える夕月の影が、地水に映っています。帝はじめ、参加した臣下、官人たちは皆、その美景を楽しんでいました。ふと帝は、興趣を覚えられたご様子で、臣下の蔵人に鷺を捕らえるよう命じられました。蔵人は翼のある鳥だけに、どうしたらよいかわからず躊躇っていましたが、帝の御威光を頼りにして、心を定め、岩陰から忍び寄って捕えようとしました。鷺は驚いて飛び立ちましたが、蔵人が鷺に、勅諚に従うようにと語ると、元の場所へ降り、羽を垂れて地に伏し、おとなしく捕らえられました。その場の人々は帝のご威徳だと称賛し、帝も大層お喜びになって、鷺にも蔵人にも五位の爵位を授けられました。鷺は優雅にあたりを舞い飛んだ後、帝の命により、放されました。すると鷺は嬉しそうに飛び上がり、どこへともなく去っていきました。

みどころ
「鷺」は曲自体は短く、ストーリーも至ってシンプルですが、登場人物も多く、大習、重習の大曲です。なお曲中の、鷺が帝から五位の位階を賜るエピソードは、五位鷺の名の由来になっているといいます。

「鷺」のシテは通常、目安として元服前の子どもか、還暦以降の老人のみが勤めることを許されています。子どもと老人に限られるのは、世俗の色の薄い、神の領域に近しいからだと言われます。シテは面をかけずに直面で舞いますが、特別に対象外の年齢の大人がシテを演じる場合は、面(延命冠者など)をかけて世俗色を払しょくしなければなりません。「鷺」ではシテの清浄な神聖さが尊ばれるのです。

鳥だけに、シテの言葉はほとんどなく、舞が主体になります。特殊な型を含む「鷺乱(さぎみだれ)」が舞われますが、飛ぶ様子や、ぬかるみを抜き足で歩く姿などを見せて、舞い遊ぶ鷺の優雅な美しさを表し、この曲の大きな見どころになっています。同じ乱(みだれ)でも「猩々乱」とは異なります。

鷺を現す鷺冠も、装束もすべて白が基調で、清浄な印象が作り出されます。「鷺」が舞われる機会はそう多くありません。チャンスがあったら、清々しく、爽快な舞台をぜひ、お見逃しなくお楽しみください。


演目STORY PAPER:鷺

演目ストーリーの現代語訳、あらすじ、みどころなどをPDFで公開しています。能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。

pdf鷺:ストーリーPDF:452KB
鷺PDF見本

the能ドットコムの「鷺」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 | 『謡曲大観(第2巻)』佐成謙太郎 著 明治書院
『能楽手帖』権藤芳一著 駸々堂
『能楽ハンドブック』戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂
『能・狂言事典』西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社
各流謡本

演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。詳しいことはクレジットおよび免責事項のページをご確認ください。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2020 CaliberCast, Ltd All right reserved.