トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

わたしと能

能の物語の多くは、 旅人である“ワキ”が、ある所に行きかかり、
亡霊や精霊である“シテ”と 出会うところから始まります――。
連載「ワキから見る能の世界」では、
舞台でワキ方として活躍されている安田登氏に、
旅人・“ワキ”の目線から見た、能の世界を語っていただきます。

最新エッセイ(2013年9月26日追加):連載第9回 鎮魂の旅の不思議

連載第1回 ワキから始まる能の物語
 
連載第2回 境界に生きる無名の人
 
連載第3回 能的『おくのほそ道』考
 
連載第4回 芭蕉と西行の詩魂
 
連載第5回 悲惨にして美しい平家伝説
 
連載第6回 壇ノ浦の海中に「竜宮城」を想う
 
連載第7回 日本精神史上、特別な「須磨」で
 
連載第8回 『平家物語』が活写する一ノ谷の合戦
 
連載第9回 鎮魂の旅の不思議

 

安田登 プロフィール
1956年生まれ。能楽師、ワキ方、下掛宝生流。公認ロルファー(米国のボディワーク、ロルフィングの専門家)。著作に『異界を旅する能』 『身体能力を高める「和の所作」』 『身体感覚で「芭蕉」を読みなおす。』『体と心がラクになる「和」のウォーキング』など多数ある。

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.