トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽メディア情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  歌占:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

弓に短冊を付けて歌占をしながら諸国を巡っている白髪の男巫が登場する。
粟谷幸雄
男巫が里人の求めに応じて歌占を行うことになる。
本田光洋
男巫は里人に歌が書かれた短冊を選ばせる。
清水寛二、西村高夫
男巫は歌の内容を思案し、里人の父親の病気は治ると判じる。
粟谷菊生 他
男巫は、子どもの幸菊丸にも短冊を選ばせて歌占を行う。
中所宣夫、中所真吾(子)
不思議にも、幸菊丸は既に探している父親と会っているという歌占の結果であった。
粟谷幸雄、内田成信(子)
男巫と幸菊丸が話しているうちに、実は二人が親子であることがわかる。
近藤乾之助、東川貴史
里人との別れの名残に、男巫は地獄の曲舞を舞う。
粟谷菊生
間断なく責められる、様々な地獄の苦しみを男巫は舞う。
近藤乾之助
男巫は地獄の飢えや悲しみを舞い続け、さらに神がかった様子になっていく。
喜多実
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.