トップページへ
SITE MAP
FEATURE

能楽メディア情報Noh in Other Media

the能ドットコムに寄せられた、能・狂言に関するさまざまな書籍やテレビ番組、映画などの情報を紹介していきます。

  • 書 籍
  • 2021年6月10日

芥川賞作家が人間・世阿弥を憑依させ描く感動長編

世阿弥最後の花(藤沢 周 著)

『世阿弥 最後の花』

1434年(永享6年)5月、幽玄の美で室町の世を瞠目させた一人の男が流罪となった。
世阿弥元清、72歳。
息男の元雅を旅で亡くし、醍醐寺楽頭職を奪われ、世阿弥観世座が没落せんとする時、追い打ちをかけるように室町大樹から言い渡された遠島。

佐渡配流後、村を干魃から救うため世阿弥が死を覚悟して臨んだ「雨乞立願能」は村中に奇蹟を呼び起こしたのか?

戦に巻き込まれて辿り着いた正法寺、父観阿弥の形見である鬼神面、ただ一度きりの命を懸けた新作能「黒木」、そして、この世の万象一切の美を舞った「西行桜」……。

失意と絶望の底にありながらも、「心の花」を咲かせ続けた世阿弥の真の想いとは?

島民たちとの交流を通して「人間・世阿弥」の物語へと昇華させた本作。

構想から6年、芥川賞作家が人間・世阿弥をその身に憑依させ描く、文学史的傑作の誕生。


[藤沢 周:著者プロフィール]

1959年、新潟県生まれ。93年「ゾーンを左に曲がれ」でデビュー。98年「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞を受賞。『サイゴン・ピックアップ』『箱崎ジャンクション』『武曲』『武蔵無常』など著書多数。能を体感すべく、観世梅若流の謡と仕舞を稽古して本作執筆にあたった。

  • 書 名:世阿弥最後の花
  • 著 者:藤沢 周
  • 発 行:河出書房新社
  • 仕 様:四六判、368ページ
  • 定 価:本体2,000円+税
  • 発売日:2021年6月21日予定
  • ISBN:978-4-309-02968-9
  • Amazon.co.jpへのリンク

プレゼントの応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。賞品の発送は6月21日の予定です。当選された方はお楽しみに。

このコーナーに掲載希望の方は、ぜひ情報をお寄せください。掲載希望のお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームへ。読者プレゼントなどの特典も随時お受けしております。


免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2021 CaliberCast, Ltd All right reserved.