トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  :Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

訴訟で都に来ていた芦屋某は、三年間離れている故郷が心配になり、夕霧を使いに出す。
伊藤嘉章、宝生閑
里人の打つ砧の音を聞いた芦屋某の妻は、自らも慰みに砧を打ちたいと夕霧に告げる。
奥村富久子、近藤幸江
夫と離れ、涙を流しつつ一人で寝ている悲しみを芦屋某の妻は嘆く。
奥村富久子
季節は秋、芦屋某の妻は蘇武の故事を思い浮かべながら夜通し砧を打つ。
三川泉
夫に憂いを知らせるべく何千回と打った砧の音は、夜嵐や哀しみ、虫や涙の音と交り合う。
観世栄夫、柴田稔
芦屋某は砧の前で、怨みながら死んでしまった妻を哀れに思い後悔する。
宝生閑
梓弓に惹かれ、亡霊となった芦屋某の妻が現われる。
南條秀雄
妄執から流した涙は砧にかかると火炎となり声も出せず、獄卒の責める声だけが聞こえる。
仙田理芳
夫への恨みが尽きない妻の亡霊はあの世に戻ることもできず、ただ夫を責め立てるが、夫の読経の功徳で成仏する。
梅若万紀夫
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.