トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  忠度:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

藤原俊成の家来だった旅僧が、須磨の浦で老人と出会った。
喜多六平太
老人は、桜の木に花を手向ける。一の谷の合戦で亡くなった平忠度の墓標であった。
内田芳子
老人は忠度の化身であった。僧に望みを伝えに来たと言い、桜の陰に消え去った。
観世銕之丞
忠度の霊が現れ、詠み人知らずとされた『千載集』の歌に、自分の名を入れるよう僧に頼む。
桜間右陣
忠度は、自分が命を落とした合戦の様子を表す。岡部六弥太忠澄と戦い…、
関根祥六
六弥太を取り押さえるが、家来に右腕を斬られ、左手で六弥太を投げ飛ばした。
當山興道
もはやこれまでと、西方浄土に祈りを捧げ、潔く六弥太に討たれた。
観世銕之丞
六弥太は矢につけた和歌の短冊を見つけ、武勇すぐれた歌人、忠度であったことを知る。
清水寛二
旅宿の題のその歌は、「行き暮れて木の下陰を宿とせば、花や今宵の主ならまし」
桜間右陣
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.