トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  三井寺:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

京都・清水寺で、観音様に向かい、一心に祈る女。「行方不明のわが子、千満(せんみつ)に逢わせてください」
今井泰男
母は微睡み、霊夢を見る。それを近くの人が占った。「近江国・三井寺へ行けば子に逢える」
観世左近、野村万之介
三井寺で千満は僧の弟子になっていた。僧は千満らを伴い、中秋の名月を愛でに庭に出る。
宝生弥一、武田友志、他
その頃、母は三井寺への道を急いでいた。
喜多六平太
いつしか物狂いとなった母。際どく道を駆け、三井寺へとたどり着く。
近藤乾之助
三井寺で下働きをする能力(のうりき)が、夜の時を知らせる鐘を撞く。
山本則重
鐘の音に聞き惚れた狂女(母)は、自分も撞こうとする。
髙橋章
僧たちの制止を振り切って、鐘を撞く。
近藤乾之助
清らかな鐘の音は、狂女の迷いをも、ほどくよう。
観世左近
澄む月影に、鐘の音がさえざえと響き、やがて狂女は、鐘のさまざまな話を語りだす。
髙橋章、他
狂女の語りに、千満は母と気づき、ふたりは喜びの再会を果たす。これも鐘の縁。
梅若万佐晴、他
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.