トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  桜川:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

貧窮の足しに身を売ったわが子、桜子(さくらご)の別れの手紙。母の思いは乱れ、涙は尽きない。
島原春京
狂女と化した母は、郷里、日向の里を出てわが子を探す旅を続ける。
佐々木宗生
3年後。狂女は常陸国(茨城県)磯辺の桜川のほとりにいた。
島原春京
春爛漫の桜の季節の桜川。桜子を思い、花びらさえも掬わずにはいられない。
梅若万三郎
花見の僧に女は身の上を語る。やがて風が出て桜は川面を埋め、女の狂乱が激しくなった。
野村四郎
桜の散るのが恨めしい。散れば風を誘い、風は花を散らす。その花をすべて掬い取ろう。
内田芳子
いくら掬っても、この桜はただの花。ひたすら、私の桜子が恋しくて、恋しくて。
渡辺容之助
女は僧と一緒に来た少年に会う。面差しは変わっていたが、紛れもない、桜子、桜子よ。
渡辺容之助、亀井雄二ほか
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.