トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  小鍛冶:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

刀鍛冶の三條小鍛冶宗近が、稲荷明神に参ったところ、ひとりの不思議な少年に声をかけられる。
橋岡久馬
宗近は、勅命の剣を鍛えるのに相槌を打てる者を求め、神に願をかけていた。少年はなぜかその勅命を知っていた。
五木田三郎
少年は時に老人の姿を取る。明神の化身だろうか。剣にまつわる物語を述べ、相鎚を勤めようと宗近に申し出て消える。
今井清隆
宗近は剣を打つ壇を整え、場を清めた。私心を捨てて、剣を打たせ給え、と神に祈る。
殿田謙吉
そこへ稲荷明神の化身である狐の精霊が鎚を持って現れ、壇上に素早く飛び乗った。
粟谷新太郎
明神の相鎚を得て、宗近も鎚を打つ手に力がこもる。
宇高通成、宝生欣哉
表に「小鍛冶宗近」、裏に「小狐」とふたつの銘を刻まれた、天下一の名剣、“小狐丸”ができあがった。
五木田三郎、殿田謙吉
京都・粟田口の合鎚稲荷神社。小狐丸の相鎚を担った明神を祀ると伝えられる。

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.