トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  黒塚/安達原:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

那智(和歌山県)の修験者、祐慶(ゆうけい)の一行は、陸奥の安達原(福島県)で、萩の庵に独り住む女と出会う。
鈴木啓吾
寂しい野原で夕暮れを迎えた祐慶たちは、相応に歳を経たと見える女に、一夜の宿を乞う。
浅見真州
はじめ断っていた女も、秋の夜寒の折、さすがに祐慶らが気の毒になって宿を貸す。
内田信義
糸繰りの道具、枠桛輪(わくかせわ)に目を止めた祐慶の求めに応じて、女は麻糸を手繰る。
清水寛二
糸に縁ある言葉を連ねては、儚く過ぎる人生を嘆く。
松井彬
「寝室を覗くな」と戒めて女は薪を取りに山へ。祐慶の下働きの男がかまわずに覗くと、夥しい死骸の山。
野村萬斎
噂に聞く安達原の黒塚の鬼女だ。肝をつぶして逃げる祐慶たちの後ろから、鬼女の声が追ってきた。
角寛次郎
雷鳴轟き、雨が降り出す。そして鬼は口を開けて取って食おうと歩み寄る。
高橋勇
祐慶たちの必死の祈りが通じた。やがて鬼は、夜の嵐とともに消えていった。
坂井音重、宝生閑、他
福島県二本松市、安達原の観世寺には、鬼が籠っていたと言われる岩窟がある。

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.