トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  鞍馬天狗:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

春の京、鞍馬山。僧や稚児の集う花見の席で疎まれた山伏は、一同が去って残された牛若丸(沙那王)を花の名所に誘い、慰める。
橋岡久馬、逸見純一
山伏は、鞍馬の大天狗であると名乗りを上げる。牛若丸に、翌日兵法の奥義を伝えようと告げるや、雲を踏んで消えていった。
梅若万三郎
木の葉天狗が現れ、牛若丸が、大天狗のもとで武芸を極めたと語る。太刀を交えよと言われてきたものの、敵わないと見て退く。
野村万蔵
牛若丸は、師匠の許しを得ないまま、木の葉天狗と立ち合うことを思い留まる。その心がけに感心した大天狗は、中国の故事を語る。
観世喜之、津村正典
漢の高祖の臣下、張良は、兵法の大家である黄石公が、わざと落とした沓を履かせ、師を大切にする心を現し、奥義を受けた。
粟谷菊生
大天狗は、粗野な自分をすら師匠と慕う牛若丸を、張良になぞらえ、平家討伐を思い立つその意気を讃える。
野村四郎
鞍馬の大天狗が、威容を現した。
観世銕之丞
みずから鋭い技を繰り出し、秘伝を余すところなく牛若丸に伝授する。
友枝喜久夫
大天狗は牛若丸に、来たる平家一門との合戦で影のようにつき従い、支えになると約束した。
狩野丹秀
名残惜しくも牛若丸に別れを告げて、夕闇迫る鞍馬山の木々の梢に翔けて、消えていく。
梅津忠弘
牛若丸が大天狗について修行したという、鞍馬の奥山。
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.