トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  海人/海士:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

讃岐国、志度の浦。亡母の里を訪ねた房前の大臣は、ある海人より、父の淡海公が宝珠を籠宮に取られた物語を聞く。
若松健史
籠宮から宝珠を取り戻した海人は乳房の下を掻き切り、玉を押し込めた。我が子を淡海公の世継ぎにと願い、命を捨てた。
島原春京
その子こそ、房前の大臣。その母は、この海人。涙の母は、子に弔いを頼みつつ、夜明けの海に消えていく。
永島忠侈、駒瀬佐保子
供養の声に引かれて現れた龍女は、もうひとつの母の化身。経巻を捧げ持ち、高らかに読誦する。
豊嶋訓三
功力に恵まれた経巻を、我が子に託した。
関根祥人、関根祥丸
その有難さを賛美し、爽やかに舞う。
坂井音重
法華経の功徳により、龍女は南方の無垢世界に生を受け、成仏へと導かれた。
豊嶋訓三
仏法の栄える霊地に翻るのは、喜びの袖。
島原春京
海人の舞台となった、志度の浦。この海中に、籠宮があったのか。
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2017 CaliberCast, Ltd All right reserved.